スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞の傾向と対策

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking

桜花賞の傾向と対策

関西中心!

過去10年の連対馬20頭を所属別に分類してみると、関西馬=16頭、関東馬=4頭と、関西馬が優勢。ジョッキーに至っては、1985年のエルプス(木藤隆行騎手)までさかのぼらなければ関東所属騎手の勝利がないほど、関西所属の人馬が圧倒しているのだ。ただし3着に関しては、関東と関西の成績がほぼ互角となっているのは、注目に値するかもしれない。〔表1〕〔表2〕
〔表1〕出走馬所属別成績(過去10年)

所属 成績 勝率 連対率 3着内率
関東馬 2-2-5-47 3.6% 7.1% 16.1%
関西馬 8-8-5-102 6.5% 13.0% 17.1%

〔表2〕騎手所属別成績(過去10年)

所属 成績 勝率 連対率 3着内率
関東所属 0-2-5-46 0% 3.8% 13.2%
関西所属 10-7-4-95 8.6% 14.7% 18.1%
地方競馬所属 0-1-0-3 0% 25.0% 25.0%
外国人騎手 0-0-1-5 0% 0% 16.7%

好調馬が狙い目?


桜花賞馬の前走での着順をみてみると、前走1着馬が過去10年で5勝と、優勝馬の半数を占めている。前走2着馬で桜花賞馬になったのは、後に牝馬三冠を達成したスティルインラブだけと、こちらはやや苦戦ぎみだ。そのなかで異彩を放つのが、前走4着馬の好成績ぶり。ファレノプシス、プリモディーネが勝ち、ロンドンブリッジ、ブルーリッジリバー、シーイズトウショウが2着に入っている。なお、前走5着以下から巻き返して桜花賞馬に輝いた2頭[チアズグレイス(10着)、アローキャリー(8着)]は、ともに前走がトライアルレースで、かつ1番人気に支持されていたという共通点があった。〔表3〕
〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 5-4-4-42 9.1% 16.4% 23.6%
2着 1-1-3-31 2.8% 5.6% 13.9%
3着 0-2-2-18 0% 9.1% 18.2%
4着 2-3-0-7 16.7% 41.7% 41.7%
5着以下 2-0-1-51 3.7% 3.7% 5.6%


4月生まれが狙い目?

過去10年の桜花賞出走馬179頭を、誕生月別に分類してみると、4月生まれが圧倒的な成績をおさめているという特徴があった。3歳馬どうしの戦いだから早く生まれた馬のほうが有利という気もするのだが、実際はそうでもないようだ。ちなみに5月生まれで連対した3頭の誕生日は、5月2日(スティルインラブ)と5月6日(ロンドンブリッジ、メジロドーベル)で、いずれも大型連休の前後に生まれた馬だった。早生まれはやや劣勢だが、2月生まれで2着に入った2頭(アズマサンダース、アドマイヤキッス)の誕生日が、同じ2月8日というのは面白い。〔表4〕
〔表4〕誕生月別成績(過去10年)

誕生月 成績 勝率 連対率 3着内率
1月 0-0-0-3 0% 0% 0%
2月 0-2-2-15 0% 10.5% 21.1%
3月 2-3-2-39 4.3% 10.9% 15.2%
4月 7-3-4-58 9.7% 13.9% 19.4%
5月 1-2-2-32 2.7% 8.1% 13.5%
6月 0-0-0-2 0% 0% 0%

スピード重視!?


桜花賞は、スタミナよりスピードが重要なレースとよく言われる。そこで、初勝利が桜花賞より短い距離だった連対馬をまとめてみたのが〔表5〕。該当する馬がワンツーを決めた年も多く、スピードがあることを誇示していた馬に注目する手はありそうだ。昨年はキストゥヘヴンが1600m、アドマイヤキッスが1800mでの初勝利だったが、キストゥヘヴンは初戦が1200m(2着)だった。ちなみに表中の馬のデビューレースでの成績は、フサイチエアデールを除いて、すべて2着以内に入っていた。〔表5〕


〔表5〕 桜花賞連対馬で初勝利が1400m以下だった馬一覧(過去10年)

年度 着順 馬名 初勝利の距離
97年 1着 キョウエイマーチ ダート1200m
2着 メジロドーベル 芝1000m
98年 1着 ファレノプシス ダート1200m
2着 ロンドンブリッジ 芝1200m
99年 1着 プリモディーネ ダート1400m
2着 フサイチエアデール 芝1400m
00年 1着 チアズグレイス 芝1000m
2着 マヤノメイビー 芝1400m
01年 1着 テイエムオーシャン 芝1200m
02年 1着 アローキャリー ダート1000m
2着 ブルーリッジリバー 芝1200m
03年 1着 スティルインラブ 芝1400m
2着 シーイズトウショウ 芝1200m
04年 2着 アズマサンダース 芝1200m
05年 1着 ラインクラフト 芝1400m

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

はじめまして^^

突然のコメント失礼します。

私のサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/keiba_blog1/archives/53543876.html
です。

いつも役に立つ情報ありがとうございます


私もブログを始めましたので

もしよろしければ暇なときにでも見に来てください


では頑張ってくださいね

レス

TO 競太さん
ご紹介ありがとうございます。

TO 競馬大好き野郎さん
訪問&コメントありがとうございます。
寄らせてもらいますね~^^

こんにちは*^^*

大変興味深いデータをありがとうございます。
懐かしいキョウエイマーチの名前を見て、ああ、そういえばこの子も桜花賞馬だったなぁと*^^*
下馬評では3頭の三つ巴のような感がありますが、関東馬の健闘にも注目したいですね^^
追伸:リンクありがとうございました。m(__)m
まりんの方も遅ればせながら、リンクを貼らせていただきました。*^^*また遊びにきます。

私は今回アストンマーチャンの応援です。
スピード優先のデータは心強いですね、マーチャンは1200Mデビュー(2着)で、ウオッカはマイルデビューですから。
でもマーチャンは3月生まれでウオッカは4月生まれですね。(汗)
都合のいいデータだけ信用する事にします。(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sannkiti.blog59.fc2.com/tb.php/192-d2232c57

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。