スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大賞典の傾向と対策

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking



1番人気が圧倒的強さ


阪神大賞典は1番人気が圧倒的に強いレース。過去10年で8勝を挙げており、連対率は100%。この時期に移ってからの過去20年をみても、1番人気で2着を外したのは、わずかに3頭だけ。そして、現在13年連続で連対中となっているのだ。過去10年で馬連が2.0倍以下という結果になったことが4回ある、堅くおさまる傾向があるレースといえよう。ただし、過去10年で4番人気以下の馬も3着以内に8回入っている。そのすべて馬の父か母の父(あるいは両方)が、わが国で活躍した馬であるというのは興味深い事実だ。〔表1〕
〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率

1番人気 8-2-0-0 80.0% 100% 100%
2番人気 1-5-1-3 10.0% 60.0% 70.0%
3番人気 0-1-4-5 0% 10.0% 50.0%
4番人気以下 1-2-5-62 1.4% 4.3% 11.4%


4歳5歳が中心!

阪神大賞典は、4歳馬と5歳馬の成績が良好という傾向がある。なかでも4歳馬は、39頭が出走して12頭が連対しているという好相性ぶりだ。6歳馬は2002年のナリタトップロードと2005年のマイソールサウンドが勝利しているものの、それ以外はすべて4着以下という成績となっている。〔表2〕
〔表2〕年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 5-7-4-23 12.8% 30.8% 41.0%
5歳 3-3-6-20 9.4% 18.8% 37.5%
6歳 2-0-0-17 10.5% 10.5% 10.5%
7歳以上 0-0-0-10 0% 0% 0%


距離特性に注目!

日本では3000m以上のレースというのはそう多くない。そこで、阪神大賞典の連対馬が前年秋以降に行われた3000m以上のレースでどうだったのかを調べてみると、やはりそれなりの実績があることがわかった。なお、2002年は該当馬の連対はなかったが、勝ったのは1999年の菊花賞馬ナリタトップロードだった。〔表3〕


〔表3〕 前年秋以降に3000m以上のレースで3着以内の実績があった連対馬(過去10年)

年度 着順 馬名 レース名 着順
97年 2着 ビッグシンボル ダイヤモンドステークス 2着
98年 1着 メジロブライト ステイヤーズステークス 1着
99年 1着 スペシャルウィーク 菊花賞 2着
00年 1着 テイエムオペラオー ステイヤーズステークス 2着
2着 ラスカルスズカ 万葉ステークス 1着
01年 2着 エリモブライアン 菊花賞 3着
03年 1着 ダイタクバートラム ダイヤモンドステークス 3着
04年 1着 リンカーン 菊花賞 2着
2着 ザッツザプレンティ 菊花賞 1着
05年 2着 アイポッパー 万葉ステークス 1着
06年 1着 ディープインパクト 菊花賞 1着
2着 トウカイトリック ダイヤモンドステークス 3着

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

メッセージ、コメント、大変ありがとうございました。

というわけで遊びに来させていただきました。

内容がすごいですね。
非常に勉強になります。

また来させてもらいます。
今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

レス

TO bigononさん
ナニをおっしゃいますか!bigさんのブログのほうがもっと細かく分析されているじゃないですか!
勝手にリンクさせていただいたので参考にさせていただきますね^^

明日雨降りそうな感じですかね?
ひょっとすると・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sannkiti.blog59.fc2.com/tb.php/180-9a887042

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。