スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking

関西馬中心?

高松宮記念に出走した関東馬と関西馬は、勝率、連対率、3着内率の3つの数字がほぼ互角の数字を示しているという特徴がある。また、騎手についても同様のことがいえる。ただし、最近の傾向をみると話は別。2003年以降は関西馬が4年連続で1、2着を独占しており、騎手のほうも、連対を果たしたのは、昨年、オレハマッテルゼで勝利を飾った柴田善臣騎手だけと、このところは西高東低の状況になっている。〔表1〕〔表2〕
〔表1〕出走馬所属別成績(過去10年)

所属 成績 勝率 連対率 3着内率
関東馬 4-3-4-52 6.3% 11.1% 17.5%
関西馬 6-7-6-89 5.6% 12.0% 17.6%
地方競馬所属 0-0-0-2 0% 0% 0%
外国調教馬 0-0-0-2 0% 0% 0%

〔表2〕騎手所属別成績(過去10年)

所属 成績 勝率 連対率 3着内率
関東所属 4-3-2-46 7.3% 12.7% 16.4%
関西所属 6-7-8-87 5.6% 12.0% 19.4%
地方競馬所属 0-0-0-8 0% 0% 0%
外国人騎手 0-0-0-4 0% 0% 0%


5・6歳が中心?

高松宮記念に出走した馬を年齢別に分類してみると、5歳馬と6歳馬の成績がとてもよいことがわかる。4歳馬の成績がいまひとつなのは、GIというのは若さだけではなく、それなりの経験が必要であることを示しているのかもしれない。また、7歳以上のベテラン勢も大苦戦。延べ27頭が挑戦して3着以内に入ったのは、2001年のブラックホーク(2着)だけだ。〔表3〕
〔表3〕年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 1-3-2-48 1.9% 7.4% 11.1%
5歳 5-4-3-36 10.4% 18.8% 25.0%
6歳 4-2-5-35 8.7% 13.0% 23.9%
7歳以上 0-1-0-26 0% 3.7% 3.7%

大外狙い?


中京競馬場の短距離戦は、内枠の馬の成績がよいという傾向がある。高松宮記念でもそれは生きており、内枠、中枠、外枠にわけて検証すると、1番~6番の内枠に入った馬たち(なかでも3~5番)の好走が目立つ。しかし、流れの厳しいGI戦では、外枠の馬も好成績。特にゼッケン18番を背負った馬は、7頭中5頭が3着以内に入る大活躍をみせていることは注目に値する。〔表4〕
〔表4〕馬番別成績(過去10年)

馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番~6番 5-2-3-49 8.5% 11.9% 16.9%
7番~12番 3-3-1-53 5.0% 10.0% 11.7%
13番~18番 2-5-6-43 3.6% 12.5% 23.2%
 
大外枠 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
18番枠 1-2-2-2 14.3% 42.9% 71.4%


リベンジの舞台はここだ!

GIの大舞台は、各陣営ともに気合が入るもの。なかでも、昨年秋から高松宮記念までの間に、重賞で人気を集めていながら4着以下に沈んで、ファンの期待に応えることのできなかった馬には要注目。ここで猛然と巻き返して、結果を出すことが多いのだ。その一覧が〔表5〕。重賞で人気を集めるということは、実力そのものはある証拠。そういった馬たちが出走馬のなかにいないか、いま一度チェックしてみることをおすすめしたい。〔表5〕


〔表5〕高松宮記念で巻き返して連対した馬一覧(過去10年)

年度 着順 馬名 敗れたレース 人気 着順
97年 1着 シンコウキング 阪急杯 1番人気 7着
98年 1着 シンコウフォレスト CBC賞 1番人気 8着
2着 ワシントンカラー ガーネットステークス 1番人気 5着
99年 2着 シーキングザパール マイルチャンピオンシップ 2番人気 8着
00年 1着 キングヘイロー フェブラリーステークス 1番人気 13着
01年 2着 ブラックホーク マイルチャンピオンシップ 2番人気 8着
03年 1着 ビリーヴ 阪急杯 2番人気 9着
04年 1着 サニングデール CBC賞 2番人気 11着
05年 1着 アドマイヤマックス 阪急杯 2番人気 4着
06年 1着 オレハマッテルゼ 京都金杯 1番人気 9着
2着 ラインクラフト 阪神牝馬ステークス 1番人気 4着

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking

諸事情がありまして今週末の予想は出来ないかもしれません。
ご了承ください。
スポンサーサイト

マーチステークスの傾向と対策

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking


上位人気は不振!

マーチステークスは、上位人気馬が不振なレースだ。1番人気と2番人気の連対率はともに20%、そして3番人気は3着が1頭いるだけという成績だ。対して好成績を挙げているのは4~10番人気の中位人気馬。なお11番人気以下の下位人気馬は、50頭出走して、3着がわずか1回と、苦戦を余儀なくされている。〔表1〕
〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率

1番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
2番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
4~5番人気 3-3-2-12 15.0% 30.0% 40.0%
6~10番人気 5-5-5-35 10.0% 20.0% 30.0%
11番人気以下 0-0-1-49 0% 0% 2.0%


斤量が重いほうがいい?

ハンデ戦は、近走の成績がいまひとつの馬や、実績に乏しい馬の負担重量(ハンデキャップ)が軽くなるというレース。負担重量が軽い馬はそれだけ上位に入るチャンスも多いように思われるが、このレースでは、57.5キロ以上の重めの重量を課された馬が好成績を挙げている。なかでも57.5キロで出走した馬は、6頭中4頭が連対しているという活躍ぶりだ。そのデータを裏付けるかのように、マーチステークスでの負担重量を前走と比較してみると、前走より重量の増えている馬が好成績を挙げていることがわかる。ハンデの軽くなった馬は苦戦気味なのだが、3着に6頭が食い込んでいることには注目に値するかもしれない。〔表2〕〔表3〕
〔表2〕負担重量別成績(過去10年)

負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
53キロ以下 1-0-5-42 2.1% 2.1% 12.5%
53.5~55キロ 2-4-1-49 3.6% 10.7% 12.5%
55.5~57キロ 2-4-2-22 6.7% 20.0% 26.7%
57.5キロ以上 5-2-2-7 31.3% 43.8% 56.3%

〔表3〕前走との負担重量差別成績(過去10年)

負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
増量 4-4-2-13 17.4% 34.8% 43.5%
増減なし 3-4-2-33 7.1% 16.7% 21.4%
減量 3-2-6-74 3.5% 5.9% 12.9%


前走着順は無視できない。

〔表4〕のとおり、マーチステークスは前走の着順がよい馬の活躍が目立つレースだが、前走1600万条件戦1着馬について、興味深い傾向があった。前走1600万条件戦を勝ってこのレースに臨んだ馬は、過去10年で14頭いるが、3着以内に入った5頭中4頭が7番人気以下の馬だったのだ。3番人気以内に支持された馬は全部で6頭いたものの、1頭も3着以内に入っていないというのは気にかかるところだ。なお、前走で大敗した馬の巻き返しは厳しいという全体的な傾向はあるが、前走10着以下から3着以内に入った5頭のうち、4頭の前走がGIのフェブラリーステークスだった。〔表4〕


〔表4〕前走の着順別成績(過去10年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 4-3-2-22 12.9% 22.6% 29.0%
2着 3-1-0-8 25.0% 33.3% 33.3%
3~5着 1-4-2-22 3.4% 17.2% 24.1%
6~9着 0-2-3-32 0% 5.4% 13.5%
10着以下 2-0-3-36 4.9% 4.9% 12.2%

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking

毎日杯の傾向と分析

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking



前走着順が重要?

過去10年間における20頭の連対馬をみると、前走でも連対していた馬が、圧倒的な成績をおさめていることがわかる。しかしながら、前走1着馬を、前走の条件別に分類してみると、初勝利直後の馬が苦戦を強いられている傾向が浮かび上がった。さすがにこの時期の重賞ともなると、勢いだけではなく、手強いメンバーと戦ってきた経験も必要不可欠といえそうだ。〔表1〕〔表2〕
〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率

1着 6-7-4-47 9.4% 20.3% 26.6%
2着 3-1-3-7 21.4% 28.6% 50.0%
3~5着 1-1-4-21 3.7% 7.4% 22.2%
6着以下 0-1-0-28 0% 3.4% 3.4%

※1998年は3着同着

〔表2〕前走1着馬の前走の条件別成績(過去10年)

前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
新馬・未勝利 0-0-2-16 0% 0% 11.1%
500万下 3-5-0-29 8.1% 21.6% 21.6%
オープン特別 1-1-0-0 50.0% 100% 100%
重賞 2-1-2-2 28.6% 42.9% 71.4%


ローテも重要??

3月下旬に行われることで定着している毎日杯。その出走馬の前走を、月別に分類してみたのが〔表3〕。なんと、前走が2月だった馬が7勝、2着6回の好成績を挙げているのだ。逆に間隔がさほどない前走3月組は大苦戦。結果を出すためには、ある程度余裕のあるローテーションが必要ということなのかもしれない。なお、前走が12月で連対した4頭は、すべて前走で1番人気に支持されていたという共通点があった。〔表3〕
〔表3〕前走の月別成績(過去10年)

前走の月 成績 勝率 連対率 3着内率
3月 1-1-4-61 1.5% 3.0% 9.0%
2月 7-6-4-32 14.3% 26.5% 34.7%
1月 0-0-3-4 0% 0% 42.9%
12月 2-2-0-4 25.0% 50.0% 50.0%
11月以前 0-1-0-2 0% 33.3% 33.3%

※1998年は3着同着


素質馬はやっぱり強い?

毎日杯に出走するまでに、新馬・未勝利戦以外のレースで、単勝オッズ1倍台の支持を集めた馬に注目してみたい。勝ち上がった馬どうしのレースで圧倒的な支持を集めるということは、それだけの素質があるという証なのだろう。また、この表にある11頭が、断然人気に推されたレースで、〔9・3・2・0〕という好成績を残していたことも書き記しておきたい。〔表4〕


〔表4〕 毎日杯1~3着馬で、過去に500万条件戦以上で単勝1倍台の支持を集めた馬一覧(過去10年)

年度 毎日杯
の着順 馬名 レース名 単勝
オッズ
97年 2着 ヒダカブライアン もみじステークス 1.4倍
99年 3着 ブルーコマンダー 3歳500万下 1.3倍
00年 1着 シルヴァコクピット 福寿草特別 1.2倍
2着 リワードフォコン うぐいす賞 1.7倍
01年 1着 クロフネ エリカ賞 1.3倍
ラジオたんぱ杯2歳ステークス 1.4倍
03年 2着 ユートピア シクラメンステークス 1.1倍
04年 1着 キングカメハメハ すみれステークス 1.7倍
3着 マイネルマクロス 京都2歳ステークス 1.6倍
05年 1着 ローゼンクロイツ ラジオたんぱ杯2歳ステークス 1.7倍
3着 コンゴウリキシオー くすのき賞 1.3倍
06年 1着 アドマイヤメイン 黄菊賞 1.6倍
エリカ賞 1.5倍
3歳500万下 1.6倍


参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking

日経賞の傾向と対策

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking


前走2100m~2500mに注目!

日経賞の出走馬を前走の距離別に分類してみると、前走で2100m~2500mの距離を走った馬が好成績を挙げていることがわかった。大幅な距離延長や距離短縮で、このレースに臨む馬は苦戦する傾向があるようだ。ちなみに日経賞ともっとも相性がよいステップレースは、御堂筋ステークス(阪神芝2500m・1600万下)で、過去10年で5頭が出走して、4頭が3着以内に入っている。〔表1〕
(今年の御堂筋ステークスは、2400mで実施)
〔表1〕前走の距離別成績(過去10年)

前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率

1900m以下 1-1-2-24 3.6% 7.1% 14.3%
2000m 1-1-2-10 7.1% 14.3% 28.6%
2100m~2200m 3-3-3-15 12.5% 25.0% 37.5%
2400m~2500m 3-4-1-16 12.5% 29.2% 33.3%
3000m以上 1-1-2-17 4.8% 9.5% 19.0%
障害レース 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%


でかい馬が好成績?

2500mというやや長めの距離を走る日経賞を、当日の馬体重別に成績を集計してみると、大きめの馬体をもつ馬の活躍が目立つ状況となっている。なかでも480キロ以上の馬が好成績。単勝万馬券で勝ったテンジンショウグンとレオリュウホウも、480~499キロの範囲内だった。絶対数こそ少ないものの、520キロ以上の大型馬も好成績をあげている。逆に460キロ未満の小柄な馬は、2年連続で3着以内に入ったステイゴールドなどがいるものの、全体としてはいまひとつの傾向だ。〔表2〕
〔表2〕馬体重別成績(過去10年)

馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
460キロ未満 0-3-2-26 0% 9.7% 16.1%
460~479キロ 3-1-2-18 12.5% 16.7% 25.0%
480~499キロ 4-1-2-19 15.4% 19.2% 26.9%
500~519キロ 2-3-3-17 8.0% 20.0% 32.0%
520キロ以上 1-2-1-3 14.3% 42.9% 57.1%


実績重視で予想しよう?

大波乱のイメージが強い日経賞だが、過去に実績を残してきた馬も活躍をみせている。なかでも顕著なのが、過去に重賞で2着の実績があった馬たち。上がり馬で決まった2002年(前走御堂筋ステークス組のワンツー)を除くすべての年で、毎年連対を果たしているのだ。出走馬の過去の成績にも気を配ってみると意外な発見があるかもしれない!?〔表3〕


〔表3〕重賞で2着の実績があった、日経賞連対馬一覧(過去10年)

年度 日経賞の着順 馬名 レース名
97年 2着 マウンテンストーン 中山金杯
98年 2着 シグナスヒーロー アメリカJCCなど
99年 1着 セイウンスカイ 弥生賞
00年 1着 レオリュウホウ 福島記念
2着 ステイゴールド 天皇賞(秋)など
01年 1着 メイショウドトウ 有馬記念など
2着 マチカネキンノホシ 目黒記念など
03年 2着 バランスオブゲーム 中山記念
04年 1着 ウインジェネラーレ アメリカJCC
2着 ゼンノロブロイ 日本ダービー
05年 2着 トウショウナイト 京都記念
06年 1着 リンカーン 有馬記念など

参考になったらぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。