スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファルコンステークスの傾向と対策

ブログランキング・にほんブログ村へ



中京競馬場の芝1200mに限定した勝利数順の種牡馬ランキング(過去3年)を調べてみると、特徴的な事実が明らかとなった。断然の首位に輝いたのは、24勝を挙げているサクラバクシンオー産駒で、2位のタイキシャトル産駒を大きく引き離している。また、サンデーサイレンス系が4頭、ロベルト系が3頭、ベストテンに名を連ねている点にも要注目。これに対し、短距離界で一大勢力を誇るミスタープロスペクター系は、10位以内に1頭もランクインしていない。〔表1〕
〔表1〕 中京芝1200m限定・種牡馬ランキング(2004年~2006年・勝利数順)

順位 種牡馬名 成績 勝率 連対率 3着内率
1 サクラバクシンオー 24-14-13-133 13.0% 20.7% 27.7%
2 タイキシャトル 12-7-7-103 9.3% 14.7% 20.2%
3 サンデーサイレンス 11-10-13-92 8.7% 16.7% 27.0%
4 アドマイヤベガ 6-7-2-26 14.6% 31.7% 36.6%
5 ブライアンズタイム 5-5-7-44 8.2% 16.4% 27.9%
6 グラスワンダー 4-4-1-35 9.1% 18.2% 20.5%
7 サニーブライアン 4-2-4-15 16.0% 24.0% 40.0%
8 スペシャルウィーク 3-9-6-34 5.8% 23.1% 34.6%
9 フジキセキ 3-7-2-80 3.3% 10.9% 13.0%
10 ラストタイクーン 3-3-4-31 7.3% 14.6% 24.4%




カーブがきついという特徴がある中京競馬場。となると、コーナリングは勝敗のカギを握るひとつのポイントである。そこで、芝の1200m戦に限定した馬番別の成績を調べてみた結果、若干内枠の数字がよいものの、それほど内と外で大きな差はないことがわかった。ちなみに大外の2枠はやや苦戦ぎみだが、18番枠は重賞に限ると〔2・1・2・4〕と、抜群の成績であることは指摘しておきたい。〔表2〕
〔表2〕中京芝1200m・馬番別成績(2002年~2006年)

馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1~4番 78-70-84-992 6.4% 12.1% 19.0%
5~8番 85-79-76-981 7.0% 13.4% 19.7%
9~12番 68-76-74-987 5.6% 12.0% 18.1%
13~16番 66-67-57-926 5.9% 11.9% 17.0%
17・18番 10-16-16-274 3.2% 8.2% 13.3%




過去5年間の、いわゆる「ローカル開催」(毎年初夏の開催および昨年秋の開催は除く)のときに、中京競馬場の芝コースを得意としている騎手は誰なのか、探してみた。トップは中舘英二騎手。50回以上騎乗している騎手の中では、連対率もトップだった。これに続くのが秋山真一郎騎手で、勝率と3着内率では中舘騎手を上回る数字をマークしている。なお、11位以下では、川田将雅騎手が勝率11.5%、連対率21.2%(52回騎乗して6勝、2着5回)と、なかなかの数字を残している。〔表3〕


〔表3〕 ローカル開催時の中京芝コース限定・勝利数上位騎手(2002年~2006年)

順位 騎手名 成績 勝率 連対率 3着内率
1 中舘英二 32-39-16-173 12.3% 27.3% 33.5%
2 秋山真一郎 17-16-20-81 12.7% 24.6% 39.6%
3 武幸四郎 10-12-10-75 9.3% 20.6% 29.9%
4 芹沢純一 10-11-8-141 5.9% 12.4% 17.1%
5 赤木高太郎 9-11-15-102 6.6% 14.6% 25.5%
6 角田晃一 9-5-7-56 11.7% 18.2% 27.3%
7 柴山雄一 9-4-9-64 10.5% 15.1% 25.6%
8 長谷川浩大 8-7-4-84 7.8% 14.6% 18.4%
9 上村洋行 8-3-5-58 10.8% 14.9% 21.6%
10 川島信二 7-9-7-95 5.9% 13.6% 19.5%

※対象は、2007年3月1日現在の現役騎手のみ

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

アネモネステークス傾向と対策

もしかしたら参考になるのかな?と思い平日は暇なのでちょこちょこ掲載していこうかな?



前走の着順別に成績をまとめてみると、前走で勝利を挙げた馬の成績がいまひとつ。前走に続いて勝利を飾ったのは、未勝利戦を勝ったあとじっくり待機していた、関西馬のセンターアンジェロ(2003年)だけだ。対して前走で3着だった馬は10頭が出走して、7頭が3着以内に入る好成績を挙げている。ちなみに、前走4着以下からアネモネステークスで3着以内に入った馬4頭は、すべて前走で重賞に出走していた。〔表1〕
〔表1〕前走の着順別成績(過去7年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率

1着 1-3-2-29 2.9% 11.4% 17.1%
2着 3-0-1-5 33.3% 33.3% 44.4%
3着 1-4-2-3 10.0% 50.0% 70.0%
4着以下 2-0-2-46 4.0% 4.0% 8.0%




前走との間隔別に出走馬を分類したところ、中9~13週の間隔で出走した馬の成績が抜群によいことがわかった。なお、このグループで3着以内に入った馬の前走は、すべて前年の12月に行われたレースで、未勝利戦と500万下特別が1頭ずつ、重賞が5頭となっている。〔表2〕
〔表2〕前走との間隔別成績(過去7年)

前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
連闘 0-0-0-1 0% 0% 0%
中1週 1-2-0-13 6.3% 18.8% 18.8%
中2週 2-1-4-28 5.7% 8.6% 20.0%
中3週 0-0-0-11 0% 0% 0%
中4~8週 1-1-2-19 4.3% 8.7% 17.4%
中9~13週 3-3-1-3 30.0% 60.0% 70.0%
中14週以上 0-0-0-8 0% 0% 0%





2002年から2006年までの、中山競馬場・芝1600m戦の馬番別成績を、500万下以上に限定して集計したところ、内枠の数字がよいという傾向が浮かび上がった。外枠も健闘しているのだが、率に直すと多少分が悪い。しかし、連対率、3着内率に関しては、16番枠を除いて、内と外で目立った差がそれほどなかったことも書き記しておきたい。〔表3〕


〔表3〕中山芝1600m馬番別成績(500万下以上限定・2002~2006年)

馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1~4番 50-50-52-487 7.8% 15.6% 23.8%
5~8番 54-46-47-487 8.5% 15.8% 23.2%
9~12番 33-44-40-455 5.8% 13.5% 20.5%
13~16番 23-21-20-341 5.7% 10.9% 15.8%


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。